ecサイトを始めるにあたってのヒント

おすすめの構築方法は人によって違います

まず、ecサイトといっても構築方法は大きく違います。気軽にecサイトを作ってどんな感じか見てみたいということであれば、ショッピングモールの利用がお勧めです。大手のショッピングモールですと会員数も多いので、宣伝をしなくてもある程度の顧客が捕まえられるというのも魅力の1つ。知識が無くても利用できます。ホスティングサービスは利用料金が安いですが宣伝の必要がありますし、HTMLの知識が必須になります。安い予算で始めたい方にお勧めですね。
最近ではASP型ECサイト運営支援も人気になってきています。ショッピングモールよりもデザインが幅広いですし、テンプレートの量も豊富ですが集客は自分で行う必要がありますので、どちらかというと上級者向けです。他サイトで実績があったり、集客に自信があり凝ったデザインを使いたい方にお勧めです。

仕入先は複数抱えておくのが定番

順調に運営していたecサイトが撤退する場合、仕入先を失ってしまったというケースが多いです。安く良質な物が仕入れられる場所を見つけるとそれだけで助かるのですが、一社だけにこだわってしまうとその会社が撤退した時にどうにもならなくなってしまうからです。そのため、安定した仕入先を複数見つけておくというのがecサイト運営では基本となります。
また、複数の仕入先と良好な関係を築いておけば、それだけ良い商品を仕入れられる可能性は高くなります。良品でも数が少ない場合、上客からさばかられていくからです。余裕があれば少し多めに仕入れておくと良いでしょう。最初に良好な関係が出来れば、仕入先が安定している期間は供給が安定します。